banner

会社設立の種類と費用

会社設立の種類と費用について

会社設立をする目的は様々ですが、例えば法人格を取得する事自体が目的の場合もあります。あるいは、税制優遇のために会社設立をしたいという人もいるでしょう。特に会社の種類にはこだわらないという人も多くいます。会社の種類としては、株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4つがありますが、この中では有限責任の株式会社と合同会社を設立する人が多いというのが現状です。有限責任であること自体をメリットと考えている人が多いとも考えられます。

株式会社と合同会社を比較した場合、会社設立にかかる費用は合同会社のほうが安いですから、その理由で合同会社を選ぶ人も多くいます。もちろん、これが間違っているわけではありませんが、それだけで比較するのはあまり良くないでしょう。ほかにも色々な部分を比較して決めるべきだと考えられるのです。では、その違いとはどのようなところにあるのでしょうか。これを知った上で選ぶ事は必要です。

株式会社は、色々なことが細かく定められているという特徴があります。株式会社は、株主がもっとも強い権力を持っていて、そして経営陣が実際に経営を行います。その経営の中で従業員を雇うということになるわけです。ですから、組織自体が複雑になっていると言えるでしょう。複雑な組織の利害関係を名確認しておく必要があり、そのために細かいルールが定められています。

これに対して合同会社は会社組織はシンプルです。株式会社で言うところの株主と経営陣が同じです。ですから、出資した人が会社を経営するという形になります。シンプルな構造ですから法的な規制も緩く、自由に制度設計を行うことができます。設立費用が安いというのも、組織がシンプルに作られているからだとも言えるでしょう。

ですから、会社設立のときには規模によって選ぶのが妥当な方法だと考えられます。出資者や経営者が多く関連してくる場合にはルールを明確化しておくメリットは大きいですから、株式会社設立のほうが適していると考えられます。意思決定を行う人が明確に定められている分だけ、株式会社のほうが便利なのです。

合同会社は、意思決定のルールを独自に設定することもできます。少人数の場合には細かいルールがなくても意思決定はしやすいと考えられますから、合同会社のほうが適していると言えるでしょう。設立にかかる費用も合同会社の方が安いですから、この面でも小規模な会社を設立するときには適していると考えられます。

Copyright(c) 2014 会社設立の決まりごとについてAll Rights Reserved.