banner

会社名を決める時のポイント

会社設立の際、会社名を決める時のポイントとは

会社設立をして、会社名、つまり商号を決めるのは大きなポイントの一つではないでしょうか。
一度決めたらなかなか変更することもなく、社長を始め社員もずっと名乗っていく名前ですので、せっかく会社設立をしたのですから、出来れば印象に残る会社名を付けたいと思う方も多いのではないでしょうか。
会社名を決める際に、同じ住所に同一の商号でなければ登記は可能となっています。
しかし、ここで最も注意しておきたいポイントとして、知名度の高い会社の商号と同一であったり、類似した名前は会社法律上禁止されていますし、相手の会社より不正競争防止法に基づき訴えられる可能性も有りますので、有名会社と同一の社名を使わないほうが賢明でしょう。
この重要なポイントをふまえた上で、基本的な注意点として、商号の前でも後でも問題は有りませんが、株式会社の場合は「株式会社」を、合同会社の場合には「合同会社」を必ず入れなければなりません。
前に入れるか後に入れるか、という事を悩まれる方も多いと思いますが、言葉として声に出した場合、どちらのほうが言いやすいか、どちらのほうがよりよく見えるのかという点で決めると良いでしょう。
社名を決める際の文字の種類には制限があります。
以前は使用不可だったアルファベットなども使用できるようになったため、自由度が広まりました。
現在使用できる文字は、漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベット(ローマ字大文字・小文字)・アラビア数字(1・2・3・)・一定の符号アンパサンド(&)・アポストロフィ(’)・コンマ(,)・ハイフン(‐)ピリオド(.)・中点(・)となっています。
また、スペースは基本的には使用不可ですが、ローマ字を用いて複数の単語を表記する場合にのみ、単語と単語の間を区切るためにスペースを入れることが許されています。
上記以外で法律上、使用が禁止されている文字には、会社設立時に銀行業を扱うとしている会社ではないのに「銀行」という文字を使用することが出来ないことになっています。
これらのように社名を考える際の注意点がありましたが、それらをふまえて今度は印象に残るような商号を考えていくことになりますが、世間に多い社名をつけるのではなく、埋もれることのない個性的な商号を考えたほうが良いでしょう。
また、WEBサイトが重要なポイントとなっている最近では、会社名にまつわるドメインが使用できるかを確認しておくと良いでしょう。
また、会社設立をすると問われる物に「なぜその社名にしたのか」というものがあります。ユニークで相手を納得させられるような回答が出来れば、社名を覚えてもらえることでしょう。
社名の由来をどのように説明するかということも意識して、社名を決められると良いでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立の決まりごとについてAll Rights Reserved.